KOTOコト

農家のチカラで農村イノベーション。
ぶどう産地の個性を活かしながら
地域全体をより良くするため挑戦を続けています。

ドリームファーマーズJAPANのコト

POINT 1

農家のチカラ

全国農業青年クラブ連絡協議会「4H」で出会い、次世代の農業を目指すメンバーが集まって生まれたのがドリームファーマーズJAPANの原点です。
農家が集まった会社だからこそ、農業・農村の個性を理解し、そのまま伸ばしながら地域のイノベーションに貢献できると考えています。

POINT 2

生産

生産者が減少する中、農地を保全するため生産を維持できるよう、自社農園の運営に努めています。
ドリームファーマーズJAPANはさまざまな農作物・果実を育てる農家の提携により、一年を通した生産が可能な体制を構築しています。

POINT 3

加工

地元で育った美味しいものを地元でシンプルに加工品にするのがドリームファーマーズJAPANです。
食品添加物は不使用。それは、なにも足さなくても美味しい素材をつかっていることの証です。

POINT 4

販売

地元で育った美味しいものを地元でシンプルに加工品にするのがドリームファーマーズJAPANです。
食品添加物は不使用。それは、なにも足さなくても美味しい素材をつかっていることの証です。

POINT 5

6次産業

ドリームファーマーズJAPANでは、生産・加工・販売までが自社で完結しています。
私たちは6次産業化を、商品の物語性を強め、地域の魅力をより伝えるための手段だと考えています。

POINT 6

安心院に来てほしい

ドリームファーマーズJAPANの目標は、自分たちの商品を通して、安心院や宇佐市というこの地域の魅力を発信していくことです。
そのためにただ商品を売るのではなく、ぶどう狩りをはじめとする体験や場づくりにも積極的に取り組んでいます。
私たちの活動が、安心院発祥の「農泊」とともに、この町へ訪れるきっかけになるよう取り組んでいます。